特典いっぱい。エポスのゴールドカードが欲しいなら

「ゴールドカードホルダー」になりたい。クレジットカードを持った人であれば、誰もが一度は思い描く願望ではないでしょうか。 エポスカードにも、ゴールドカードがあります。

あまり知られていないかもしれませんが、実は普通のエポスカードも赤色だけではありません。シルバーのカードも選ぶことができます。 入会時に500円支払うことでデザインカードを発行してもらうこともできます。

クレジットカードのデザインが気になる、好みのデザインのクレジットカードが欲しいという人は参考にしてください。

話が反れましたが、エポスカードのゴールドカードはもちろん色だけではありません。 ゴールドカードならではの特典が付いています。

例えば、エポスポイント。 クレジットカードで支払いをするとポイントが貯まるのは通常のカードと同じですが、ゴールドカードの場合、ポイントの有効期限がなくなります。 (通常のカードの場合、2年でポイントが消滅します)

他にも、空港ラウンジの利用や、海外旅行の自動付帯、レストランやホテルの優待サービスなど、さまざまな特典が付いてきます。 旅行をする人、頻繁にお出かけする人であれば、これはとても嬉しい特典ですね。

ゴールドカードを持つために必要な条件と2つのルート

エポスのゴールドカードを発行するためには、2つのルートがあります。 1つ目は、普通に審査に申し込んで、受かるというルートです。 ネットでもゴールドカードの申し込みを受け付けているので、今エポスカードを持っていなくても、申し込むことができます。 ただ、このパターンの場合、年収400万円以上が条件と言われています。

2つ目のルートは、インビテーションを受けるというルートです。 インビテーションとは、クレジットカード会社から「ゴールドカードにしませんか?」という誘いを受けることを言います。

この場合、その誘いを受ければ、審査を受けることなくゴールドカードにすることができます。 この方法であれば、年収400万円なくてもゴールドカードを持つことができますが、問題は「誘いがあるまで待たなければいけない」ということです。

ただ、エポスカードはインビテーションの基準を明確にしておらず、誰に届くのか、いつ届くのか、条件は謎に包まれています。そこがこの方法の欠点ですね。

ゴールドカードをより確実に持ちたいなら実績を積み上げて、自分から申請を

インビテーションを受ける上で最も重視されるのは、カードの利用実績です。 利用実績もコンスタントの利用が問われます。 なので、単月で50万円利用するよりも、毎月5万円づつでも利用するほうが、実績づくりとしては好ましいです。

年間の利用金額の目安ですが、一応は100万円(月額8万円程度)と思われます。 これも明確な基準はありません。ただ、クレカの中では、100万円を分岐点に、優待率に差が出るところもあります。 なので、100万円の利用を目指したいところですが、もう少し少なめでもいいでしょう。

毎月の利用を重ねたところで、自分からクラシックカード(一般カード)からゴールドカードへのスイッチを、カード会社へ申請してみましょう。

エポスはゴールドカードの中では比較的インビテーションをもらいやすいと言われていますので、実績作りをして、自ら申し込むのが最短ルートでゴールドカードを持てる方法だと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ