エポスの学生カードは難しくはない


エポスカードは学生でも作ることができます。 エポスカードは18歳から申し込むことのできるクレジットカードです。

審査の難易度は、学生が作る場合でも、社会人が作る場合でもかわりません。 学生カードだけが特別に審査が甘いということもありません。

エポスカード自体の審査レベルが、クレジットカード全体で見れば、中の中から中の下くらいです。 なので、どちらかというと易しいほうです。 本人に、過去に延滞・遅延などの履歴がないか、もしくは、家族の収入状況がごく普通であれば、審査は問題なく通るでしょう。

他のカードの利用状況が良い人も電話連絡がない

ただし、18歳であっても高校生は申し込むことができません。 そもそも「学生」というのは、大学生以上の人を指す言葉で、高校生は含まれていません。 18歳で、大学生、もしくは職に就いている人であれば申し込むことができます。 ただし、20歳未満の人は、親権者の了承が必要になります。

どんな立場の人であろうと、未成年のうちはクレジットカードを親権者に無断で契約することはできません。 内緒で、自分が自由に使えるクレカを作りたいという人もいるでしょうが、未成年の間は絶対に不可能だということですね。

これはクレジットカードの規約ではなく、法律で決められていることなので、残念ながら変えようがありません。 不自由だと思う反面、未成年者は、判断力が備わっていないとされており、不利な契約を結んでしまわないように法律で守られているわけですね。 そのため、親権者である成人の判断と了承が必要になるということです。

とは言っても、親にクレジットカードを作らせてほしいといっても、なかなか了承してもらえません。 「何に使うのか」「使いすぎるのが心配」と散々文句を言われるでしょう。 自分に経済的に余裕がなく、親の口座から引落しがあるという場合などはなおさらですね。

それに、クレジットカードを使った内容も親権者チェックできるようになっていますから、内緒でこっそりお金を使いたい・・・なんて時には使うことができません。

18歳になったらアルバイトを始めて20歳の誕生日を待つ

親権者の了承が得られて、使用用途を知られても構わない、という人は、親権者に相談をしてクレジットカードを作るといいでしょう。 エポスカードは学生カードがありますので、学生のうちに申し込むことは何の問題もありません。

しかし、ほとんどの人は、

  • 「使い道を親に知られたくない」
  • 「あれこれ指図されたくない」

と思っているでしょう。 18歳にもなれば、そう思い始めて当然です。 そう考えているのであれば、20歳までカードを作るのをやめておきましょう。

「今だけ間に合わせで・・・」と思って親権者の承諾付きクレジットカードを作ってしまうと、新しい自分名義のクレジットカードを手に入れた際に「突然利用額が減った」と勘繰られてしまいます。

そうなると、新しいクレジットカードの存在がバレてしまい、あれやこれやと口を出されるようになるでしょう。 そうならないためにも、18歳になったらアルバイトを始めて、クレジットカードを作る準備だけしておきましょう。

アルバイトはできるだけ早く始めた方が、クレジットカードを作る際に安定した収入とみなされやすくなります。収入の安定さや職歴の長さはエポスカードにかかわらずクレカを作る上では、どこの会社も重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ