在籍確認の電話が不安


クレジットカードを申し込む時に気になることの1つといえば、勤め先への在籍確認の電話です。

会社に自分あてに電話がかかってくるのはあまり気持ちのいいものではありませんよね。 それに、電話を取る役目の人がおしゃべりの場合、会社で言いふらされてしまう可能性があります。

そのため、在籍確認なしのクレジットカードを選びたい、という人はとても多いようです。 結論を言うと、エポスカードからの在籍確認の電話はほとんどないと言われています。 「ほとんど」というのは、確実にないとは言い切れないということです。

収入証明や社員証といった「現在、会社に勤務している」という証明書があれば、在籍確認の電話がない場合が多いです。 なので、電話連絡を絶対にしてほしくない人は、こうした証明書を用意しておきましょう。

ネットでの審査の場合、備考欄等ありませんので、店頭で直接申し込むか、電話で申し込むなどして、「電話連絡はしないでほしい」と伝えておきましょう。

電話連絡をしてほしくないと伝えることが審査結果を左右することはありません。 その点については心配無用です。

他のカードの利用状況が良い人も電話連絡がない

もうひとつ、他のクレカを持っている人は、そのカードの利用状況が良い場合は、電話連絡がありません。 いわゆる優良顧客というやつですね。

エポスカードの審査担当が、信用情報機関に照会して、あなたの利用状況を調べるわけですね。 それで問題なしと判断されれば、電話連絡はなしです。

ただ、電話があったからと言って、自分に経済的信用が足りないと、がっかりする必要もありません。 無作為に抽出して電話をするという場合もあります。 どういう基準で抽出するかは、エポスカード内部関係者のみ知ることなので、わかりません。

在籍確認ないクレカには要注意

昨今、個人情報に関しての規制が厳しくなっており、会社側としても「田中さんいますか?」と聞かれて「はい、います」と答えられなくなってきているのです。

もしかすると、その電話の主がクレジットカード会社を騙ったストーカーかもしれませんからね。 そこから事件に発展する可能性もゼロとは言い切れません。

また、クレジットカード審査のシステム化もどんどん進んでおり、在籍確認をせずともその人のステータスが簡単に調べられるようになってきています。

そのため、エポスカードに限らず、在籍確認の電話をするクレジットカード会社が少なくなってきている背景にあります。 現実に電話連絡による在籍確認を一切しないというクレカ会社もあります。 アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)などは、過去の履歴を見ずに、現在の資産状況で審査する会社として有名です。

ただし、アメックスはVISAやJCBなどと比較しても審査の基準年収が高いため、審査が甘いとは言えません。

なので、電話連絡が在籍確認がないカード会社を選ぶよりも、電話連絡があった際にもきちんと対応できる準備をしておくことが、カード審査を楽にする方法だと言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ