エポスカード審査落ちした、通らなかった方へ


\急ぎの方限定/
即日発行のクレカはこちら

このサイトはエポスカードの審査に落ちた人が、リベンジして審査に通る方法を紹介しています。

クレジットカード審査を通すには方法があります。ルールを知っておけば、もう一度審査申込した時には、高い確率で審査通過します。

エポスカードってけっこう簡単に審査に通るイメージありますよね。 若者向けのマルイのクレカっていう印象で、審査は厳しくないって思いがちですよね。 でも、実際は約半分くらいの人は審査に通らないんです。

クレジットカードにも種類があって、一番難しいのが銀行系(みずほ、UFJなど)。
2番めが信販系(ライフ、ニコスなど)。
3番目が、エポスを含む流通系です。 流通って聞き慣れないかもしれませんが、イオンとか伊勢丹とか、スーパーやデーパートなどの小売業の業界です。

流通系の中でもランクがあって、エポスカードは流通系の中でも審査はそんなに易しいほうではありません。

エポスカード審査を通すための流れ

エポスカードの審査に高確率で通す流れを紹介します。

すでにエポスカードの審査に落ちてしまった! だけど、エポスカードが欲しい!という方がこの後、やるべきことを簡単にまとめますね。

エポスの審査に通るための流れは下の図のとおりです。

エポスカード再申し込みまでの流れ

  1. エポスカード審査に落ちる(←今ココ)
  2. エポス以外のカードを申し込む
  3. そのカードの利用実績を作る
  4. エポスカードに再度申し込む

どうしてわざわざ別のカードをつくるの?

クレカでお買い物する女性

クレジットカード会社は、過去のクレカ利用実績を重視します。

クレカ会社が一番うれしいお客さんは、「少額でもいいから、コンスタントに利用して、きっちり支払いしてくれる人」です。

なので、「この人はカードを使って、ちゃんと引落しもできてるな」とカード会社の人に判断されれば、新しいカードが更に作りやすくなるわけです。

逆に、審査に通りにくい人は、できるだけ審査が簡素なクレジットカードを一枚持つということが重要なんですね。

エポスカードより審査難易度が低いところは?

リボ払いやキャッシングメインで利用される方はこちらがおすすめです。

>>審査通過率が高いクレジットカード

エポスカードやイオンカード、楽天カードなどの「流通系」と呼ばれるカードは審査の難易度で言うと、下から2番目と言われています。 それでは、審査通過率が一番高いのはどこでしょうか?

それは、消費者金融系のクレカです。

消費者金融発行のもので、今のところは国内唯一です。 一般的なクレカについている海外旅行保険や、ポイント特典など付属サービスはほとんどないのがデメリットです。
ただし、審査基準が他のクレカと違うので、他社で審査に通らなかったという人も通る可能性があります。

しかも、最短即日カード発行なので、どこでもいいから早くカードが欲しいという人にはありがたいカードですね。

>>即日発行のACマスターカード公式ページへ

他のクレジットカードとどう審査基準が違うの?

ACマスターカードの審査内容が、その他のクレジットカードとどのように違うか?という点は、公表されてません。

ただ、これまでにUFJカードのような銀行系カードや、JCBのような信販系カードで審査落ちした人が、アコムマスターカードに通る可能性はあります。 それは、クレカを過去に1枚も持っていない人でも、アコムマスターカードなら発行できたという実績です。

エポスカードも含めて、一般的なクレジットカード会社は、クレカを一枚も持っていない人の審査には慎重になります。

その理由はなぜかというと、クレカを持っていないということは、過去に金融事故歴(滞納などでブラックリストに載った経験)を疑われます。

自己破産などの債務整理などを行った人は、5年~10年はクレジットカードが持てなくなります。

金融業界は、とにかく遅延・延滞・不払いを嫌いますから、過去の履歴が疑わしい人はそのまま審査に落とされてしまうことがあります。

その点、アコムは消費者金融なので、過去にクレカを持っているかどうかという点は、あまり重視しないと言われています。

消費者金融は、「安定収入」をより重視します。カードで買物をしたり、リボ払いを組んだ場合の返済能力を問うわけです。

実際に、アコムマスターカードを作った人は、クレカとしての利用も多いですが、キャッシング利用も多いので、返済能力を重視するわけですね。

なので、消費者金融系のクレカは、過去にブラックリストに掲載されていた人でも、事故情報が消えていればカード発行される可能性はあります。

※ただし延滞歴等のネガティブ情報が、信用情報機関に掲載されたままであれば、アコムマスターカードも落ちる可能性が高いです。

アコムマスターカード審査にどれくらいの年収は必要?

マスターカードに必要な年収

安定収入が必要ですが、アコムは消費者金融業界の中でも審査通過率が高いことで有名です(業界No.1クラス)

年収基準は明らかにはなっていませんが、アルバイトやパート勤務の人でも審査に通る人は多いです。

勤続年数にもよりますが、年収150万円~200万円程度が審査通過のボーダーラインになるでしょうか。 ただ、アコムは大手消費者金融の中でも審査通過率が高いほうなので、申し込んでみる価値はあります。


>>ACマスターカード申込ページを見る

専業主婦がエポスカードの審査に落ちたら

専業主婦の人がエポスカードの審査に落ち、もう一度申し込んで審査に通す場合も、先に審査に通りやすいカードの利用実績を作って申し込むという方法が使えます。

主婦のACカード申込

ただし、アコムマスターカード(ACカード)は、専業主婦の人は申込ができません。

もし、リボ払いやキャッシング目的でクレジットカードを作りたいなら、三菱東京UFJ銀行カードローンがオススメです。

2016年7月から金利がさらに下がって、年利1.8%~になりました。

1.8%の金利なら、10万円借りても、1年間で2,000円弱の利息、1ヶ月あたり180円程度ですからね。

エポスカードのキャッシング枠よりも断然お得です。

専業主婦の方の専用窓口はこちらです。

→http://www.bk.mufg.jp/

どうしてもクレカが欲しい主婦の方はどうすればいいか?

ACカードは本人に安定収入があることが条件です。 なので、他のカードに申込む他ありません。

  • 専業主婦が申し込める
  • エポスカードよりも審査が通りやすい

この2つの条件をみたすのは楽天カードです。

今は顧客数も増えたので、2,3年前ほどは甘くはありませんが、それでも、クレジットカード業界の中では、かなり通りやすいほうだと言えます。

なので、専業主婦がエポスカードをどうしても持ちたいという場合は、

  1. 楽天カード申込
  2. 楽天カードの利用実績を作る
  3. エポスカードに再申し込み

このような流れで申しこめば、かなり審査通過率は上がるはずです。

>>主婦の方向け、楽天カード申込方法はこちらです

エポスカードの審査に通りやすい時期

エポスカードは、マルイのお店でよく会員を募集しています。 あんなに頻繁に募集しているところを見ると「審査が甘そう」と思いますね。

実際に、大きく宣伝しているクレジットカードは、通常時より審査が甘くなっている場合があると言われています。

審査が甘くなっている場合がある、というだけで、必ずなっているとは限りません。それに、甘くなっているといっても、信用情報に関わる問題が問われないわけではありません。

しかし、同じクレジットカードであれば、積極的に宣伝している時期の方が少しだけ審査が甘くなると噂がありますので、どうしても欲しい銘柄のクレジットカードがある場合、こうしたPR活動が積極な時期に申込んだほうが審査に受かりやすいようです。

しかし、エポスカードはもともと審査が激甘というほど甘くありません。

収入がある人であれば、フリーターやアルバイトでも申し込んで審査はしてもらえます。 ネット情報では「申し込める=審査に通る」と言わんばかりの情報にあふれていますが、実はそうではありません。 きちんと審査はされますし、その審査に落ちることももちろんあります。

審査に落ちてしまうと、「審査に落ちた」という情報が信用情報機関に3年間~5年間登録されてしまいます。 この情報がある状態で他のクレジットカードの審査を受けると、ほとんどの確率で落ちます。

なので、もし少しでも「審査に落ちるかもしれない」という不安要素があるのであれば、1枚目のカードにエポスカードを選ぶのはやめておいた方がいいかもしれません。

一番審査通りやすいのは楽天カードですか?


>>楽天と審査基準が違うクレカはコレ<<

先ほど、専業主婦がエポスカード審査に落ちた場合の説明をしましたが、同じ流通系カードでも、エポスカードよりも楽天カードのほうが所有している人が圧倒的に多いです。

そのことからも、楽天カード審査の通りやすさが伺えますね。 しかし、楽天カードは「一番審査が甘い」クレジットカードではありません。

楽天カードが有名になった理由は、一時期時期にテレビCMが頻繁に流れるからです。 楽天は一時期、楽天カード会員を増やすために、CMをたくさん放映し、キャンペーンポイントもたくさんつけていました。 最近では、そのCMが減ったと思いませんか? これは、楽天カード側が「もう充分に会員を得たからだ」という噂が流れています。

冒頭でお話しした通り、宣伝をたくさん打っている時期のクレジットカードは審査が甘くなると言われています。

その時期に楽天カードに申し込んだ人が「審査が甘かった」とネットで話題にしています。 なので、その時期の情報を参考にしても、今の参考にはなりません。

冒頭の繰り返しになりますが、審査が難易度が高いのは次の順番になります。
  1. 銀行系・独立系カード
  2. 信販系カード
  3. 小売・流通系カード
  4. 消費者金融カード

現状、消費者金融系クレジットカードは、ACマスターカードです。 過払い金問題で、一時期消費者金融は業界全体が売上を落としましたが、ネットでの広告戦略を駆使し、プロミス、アイフルともに、業績好調です。 ネットやテレビでの広告の露出量も、他のクレジットカードの比較になりません。

1枚目のクレジットカードを作るのに、審査に不安がある。また、エポスカードの審査に落ちて、2度めの申込には確実に審査に通りたいという場合は、アコムマスターカードを申し込んでみると良い結果が得られるのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ